肩を上げたり、腕をまわす動作で痛み、ズキズキ痛い人は腱板損傷(棘下筋)か筋力低下の可能性があります。ご希望あれば肩のインナーマッスルトレーニングを体験できます。通院が難しい人は家でも出来る自宅トレーニングを教えしますのでお気楽にご相談ください。#肩 #痛み #ズキズキ痛い #上がらない #腕をまわす #腱板損傷 #棘下筋 #インナーマッスル #トレーニング #自宅トレーニング 

お問い合わせはこちら

肩を上げたり、腕をまわす動作で痛み、ズキズキ痛い人は腱板損傷(棘下筋)か筋力低下の可能性があります。ご希望あれば肩のインナーマッスルトレーニングを体験できます。通院が難しい人は家でも出来る自宅トレーニングを教えしますのでお気楽にご相談ください。#肩 #痛み #ズキズキ痛い #上がらない #腕をまわす #腱板損傷 #棘下筋 #インナーマッスル #トレーニング #自宅トレーニング 

肩を上げたり、腕をまわす動作で痛み、ズキズキ痛い人は腱板損傷(棘下筋)か筋力低下の可能性があります。ご希望あれば肩のインナーマッスルトレーニングを体験できます。通院が難しい人は家でも出来る自宅トレーニングを教えしますのでお気楽にご相談ください。#肩 #痛み #ズキズキ痛い #上がらない #腕をまわす #腱板損傷 #棘下筋 #インナーマッスル #トレーニング #自宅トレーニング 

2021/01/26

肩がズキズキ痛い人や、

 

腕をまわす時に肩に痛みがある人は

 

肩のインナーマッスル(腱板損傷)に原因があると考えられます。

 

『肩がズキズキ痛い』『腕をまわす時に痛い』人の肩は

 

棘下筋を痛めている可能性があります。

 

棘下筋は肩甲骨と上腕骨の安定性に必要な筋肉で

 

肩を動かす時に外れない(脱臼)ように

 

支えてる筋肉です。

 

この筋肉を痛めていると肩関節を動かす時に

 

棘下筋が過緊張(筋肉の強収縮する)して

 

関節の可動域を狭くしてしまいます。

 

動きが悪くなると脳神経が

 

『動きが悪い=痛い』と認識してしまい

 

痛みとして認識してしまいます

 

痛みが無くなった後に可動域訓練をしないと

 

再び『動きが悪い=痛い』と認識してしまい

 

いつまで経っても痛みが改善しません

 

肩の腱板(棘下筋)のトレーニングは

 

やり方を間違えると広背筋などの

 

背中中心のトレーニングになってしまいます。

 

腱板のトレーニング、肩のインナーマッスルトレーニングを

 

得意としていますので、肩の痛み、ズキズキ痛い、

 

腕をまわす時に痛いなど

 

肩の痛み、違和感でお困りぬくい接骨院にお任せください。

 

1週間に1回、2週間に1回など

 

通院が難しい人は

 

家でも出来る自宅トレーニングを教えしますので

 

お気楽にお問い合わせください。

 

#肩

#痛み

#ズキズキ痛い

#上がらない

#腕をまわす

#腱板損傷

#棘下筋

#トレーニング

#自宅トレーニング

#インナーマッスル

#川口

#西川口

#蕨

#戸田

#接骨院

#整骨院

#整体院

#ぬくい接骨院

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。