小学生、中学生、高校生で身長が伸び続けてる子で膝が痛い、動かしにくい子はオスグット(成長痛)の可能性があります。#オスグット #成長痛 #成長期 #膝蓋靭帯 #大腿四頭筋 #子ども #小学生 #中学生 #高校生 #身長 

お問い合わせはこちら

小学生、中学生、高校生で身長が伸び続けてる子で膝が痛い、動かしにくい子はオスグット(成長痛)の可能性があります。#オスグット #成長痛 #成長期 #膝蓋靭帯 #大腿四頭筋 #子ども #小学生 #中学生 #高校生 #身長 

小学生、中学生、高校生で身長が伸び続けてる子で膝が痛い、動かしにくい子はオスグット(成長痛)の可能性があります。#オスグット #成長痛 #成長期 #膝蓋靭帯 #大腿四頭筋 #子ども #小学生 #中学生 #高校生 #身長 

2021/05/10

小学生、中学生、高校生で

 

膝に痛みがある人、膝の動きが悪い人は

 

オスグット(成長痛)の可能性があります。

 

オスグットとは成長期におきる膝の痛みで

 

骨に炎症が起きている状態であります

 

骨のどこに炎症(痛み)が出ているかは画像を

 

見ていただきますとわかると思います(手作りのためヘタクソでごめんなさい)

 

足のスネ(脛骨)を下から膝に向かって触っていくと

 

膝に行く手前でコブみたいな出っ張りがあると思いますが

 

そこに炎症(痛み)があるとオスグットといわれます。

 

では子どもの成長期に痛みが出るのは何故か?

 

体が大きくなる時に骨と筋肉が別々で成長するからです

 

先に骨が伸びて後から筋肉が成長します

 

太ももの骨が成長しますと

 

大腿四頭筋という太ももの筋肉が伸ばされてしまいます。

 

筋肉はゴムのような性質があり

 

伸ばされると縮むチカラが働きます

 

大腿四頭筋は膝蓋骨(膝のお皿)の上に筋肉が付きます

 

大腿四頭筋が縮むと膝蓋骨が上に引っ張られてしまい

 

膝蓋骨からオスグットの間にある膝蓋靭帯が

 

膝蓋骨と一緒に大腿四頭筋によって引っ張られてしまい

 

オスグットを痛めてしまいます。

 

成長は個人差がありますが

 

だいたい小学生~中学生までによくおきますが

 

まれに高校生から成長痛がでる子もいます

 

太ももの筋肉が硬いから筋肉を伸ばすストレッチで

 

オスグットを治そうとするのは

 

やり方を間違えるとオスグットの痛みを

 

強くしてしまい症状を悪化してしまいますので

 

ストレッチを試してみて症状が改善しない場合は

 

自分でやるのをお控えください。

 

オスグットの痛みは施術・テーピング・マッサージで

 

痛み、症状を改善出来ますので

 

オスグットで膝が痛い、成長痛で足が痛い、

 

膝の曲げる・伸ばすがやりにくい等で

 

蕨、川口、西川口、戸田の

 

接骨院、整骨院、整体院、整形外科を

 

お探しの人はぬくい接骨院にご相談ください。

 

#膝

#オスグット

#成長痛

#成長期

#大腿四頭筋

#膝蓋骨

#膝蓋靭帯

#子ども

#小学生

#中学生

#高校生

#身長

#蕨

#川口

#西川口

#接骨院

#整骨院

#整体院

#整形外科

#ぬくい接骨院

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。