パニック障害・不安障害でお困りの人は自律神経(交感神経・副交感神経)の乱れが原因かもしれません。#パニック障害 #不安障害 #自律神経 #交感神経 #副交感神経 #頭 #首 #ツボ #ポイント #ストレス 

お問い合わせはこちら

パニック障害・不安障害でお困りの人は自律神経(交感神経・副交感神経)の乱れが原因かもしれません。#パニック障害 #不安障害 #自律神経 #交感神経 #副交感神経 #頭 #首 #ツボ #ポイント #ストレス 

パニック障害・不安障害でお困りの人は自律神経(交感神経・副交感神経)の乱れが原因かもしれません。#パニック障害 #不安障害 #自律神経 #交感神経 #副交感神経 #頭 #首 #ツボ #ポイント #ストレス 

2021/02/06

パニック障害・不安障害でお困りの人は

 

自律神経(交感神経・副交感神経)の乱れが原因かもしれません。

 

パニック障害ときくと、よく言われるのが

 

『落ち着きがない』、『挙動不審になる』などですが

 

もっと身近な症状では

 

『血圧が上がりドキドキする』、

 

『呼吸が浅くなり呼吸困難(窒息感)になる』、

 

『動悸がある』

 

『めまい・吐き気』

 

『発汗・手足の震え』など

 

誰でも起こりえる初期症状があります。

 

これらは自律神経(交感神経・副交感神経)の乱れで

 

血流の流れが速くなったり、遅くなったりすることで

 

症状が出てしまうことがあります。

 

不安障害は文字通りに精神的なストレスで発症するものが多いですが

 

精神的なストレスが入ると

 

体に力が入り筋肉の硬直がはじまります

 

筋肉の硬直で血管を圧迫して

 

血流の流れを悪くしてしまいます。

 

交感神経を働かせて血流の流れを良くしようとしますが

 

筋肉の硬直が強すぎて血管の圧迫があり血流の流れがよくなりません。

 

筋肉の硬直を解除しようと副交感神経を働かせようとしますが

 

血流の流れがを良くしようと交感神経が強く働いているので

 

副交感神経を働かせることが難しい状態になります。

 

本来、交感神経・副交感神経は同時に働くものではなく

 

『片方が働き、もう片方が休む』、

『片方の働きすぎを、もう片方で止めてあげる』

 

自律神経(交感神経・副交感神経)はお互いを

 

助け合うものですが、パニック障害・不安障害は

 

お互いに邪魔をしてしまうものだと考えられます。

 

頭、首に自律神経(交感神経・副交感神経)の

 

バランスを調整するツボがありますので

 

パニック障害・不安障害など

 

自律神経系の症状でお困りの方は

 

ぬくい接骨院までお気楽にご相談ください。

 

#パニック障害

#不安障害

#自律神経

#交感神経

#副交感神経

#頭

#首

#ツボ

#ポイント

#川口

#西川口

#蕨

#戸田

#接骨院

#整体院

#整体院

#ぬくい接骨院

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。